キャリア

ベンチャーでついていけない人の特徴は?【実体験で解説します】

ベンチャーに転職したけど、きつい。自分には向いてないかも・・・
ベンチャーに興味があるけど実際ついていけないんじゃないか不安。 

そんなあなたに向けた記事です。

本記事の内容

・ベンチャーでついていけない事例(実体験)
・ついていけない人の特徴
・逆にこんな人はベンチャーに向いている

僕自身、前職では従業員10名ほどのベンチャー企業で働いていました。今回はその実体験も踏まえつつ、ベンチャー企業でついていけない人の事例や特徴を紹介していきます。

いまベンチャーで働いている方や、ベンチャー企業で働くのに興味があるという方ぜひ参考にしてみてください。

はっち
3分ほど読めます。

いま現在、ついていけないと感じている方へ 

毎日忙しい中でも、転職サイトやエージェントを活用すれば仕事をしながら転職活動が進められます。転職サイトえあればキャリトレを、転職エージェントはリクルートエージェントマイナビエージェントはがおすすめ。

ベンチャーでついていけない事例

ついていけない事例はこちら。

・会社の方向性が合わなくてついていけない
・教育体制がなくてついていけない
・就労環境が合わなくてついていけない
・仕事の進め方が合わなくてついていけない 

ひとつずつ紹介していきます。 

事例①:会社の方向性が合わなくてついていけない  

ベンチャー企業で働くうえでは「なぜこの会社で働くのか(WHY)」が大切。

はっち
大企業で働くうえでも大切なことですが、ベンチャーに集まる人は強い思いを持っている人が多い。 

そんな中で、 

  • 会社の理念に共感できない
  • 会社のやっていることに興味がもてない
  • 何となく知名度があるから選んだ 

といった気持ちだと周りとの意識の差もでますし、ついていけなくなります。 

  

事例②:教育体制がなくてついていけない  

ベンチャー企業では大企業と異なり、教育制度がないことが多いです。

  • 属先の上司の力次第であったり、
  • そもそも教育する風土がない会社もあります。 

ちなみに僕が働いていたベンチャー企業では、まさにこれ全く教育体制はありませんでした。 

はっち
オフィス勤務の経験もなかった自分にとっては何をすればいいのかもわからずかなり焦りました。  

すでに経験があって、周りから干渉されずに働きたいという人にとっては良い環境。ですが、当時の僕のように全く経験もない状態では正直不向き。 

 

事例③:就労環境が合わなくてついていけない  

創業間もないベンチャー企業は特に就労環境が整っていないことが多いです。 

はっち
一日中働きまくる社員、「仕事=人生」の人もいました。

Work as a lifeという言葉もあるように、良い悪いではなくて、合うか合わないかの問題。 

定時には必ず帰って自分の時間を最優先にしたい人にとってはついていけないとなりますよね。 

  

事例④:仕事の進め方が合わなくてついていけない 

大企業ではある程度仕組みが作られた中でいかに成果を出すかが求められますが、ベンチャーではその仕組み自体がありません。

ゼロから仕組みを作っていくことだったり、前例がないこと自分で考えて行動していく必要があります。 

はっち
マニュアルに沿った仕事の進め方に慣れている人にとってはついていけないとなりがち。 

 

ベンチャー企業でついていけない人の特徴 

実際に僕が体験したことも踏まえて事例を紹介しました。 

まとめるとベンチャーに着いていけない人はこんな特徴です。 

・会社でやりたいことがない人
・仕事の基本が身についていない人
・仕事でプライベートの時間は絶対に削られたくない人
・マニュアルに沿って言われたことだけやっていきたい人

はっち
逆にこんな人ベンチャーで働くのに向いてると言えます。 

 ・その会社でやりたいことが明確な人
・ビジネスの基本があって、もっと自由に仕事がしたい人
・多少プライベートを削っても仕事に熱中したい人
・自分で仕組みを作っていきたい人 

 

ベンチャーでついていけないと感じたら転職を考えよう 

ベンチャーでの忙しい毎日。 

「仕事しながらの転職活動は無理!」 

という人でも転職サイトやエージェントをうまく利用すれば転職活動は進められます。

僕自身、前職での働き方に合わず転職。当時は転職の進め方を知らなかったので、退職してから転職活動を始めました。

その際に痛感したことは退職してからの転職活動は本当に大変だということ。 

  • 国民健康保険や年金の切替
  • 雇用保険の申請
  • 次の仕事が決まるまでの不安、焦り
はっち
今から転職を考えている人は在職中から転職活動を始めましょう。

コロナの影響もあり、ほとんどのエージェントでは電話面談を実施しています。時間も30分〜1時間程度。

実際に使っておすすめなのはリクルートエージェントマイナビエージェント エージェントは会社というより担当者の力量次第ですので必ず複数利用して自分に合ったエージェントを選びましょう。 

>転職エージェントは複数利用すべし!【転職するなら絶対に知っておきたい】
>良い転職エージェントの特徴【こんなアドバイザーを探そう!】

転職サイトも並行して利用して空き時間で転職活動を進めていきましょう。 

>転職サイトと転職エージェントの違いとは?【活用法も紹介】

 それでは!

質問や相談についてはTwitterのDM、もしくは問い合わせページからどうぞ!

【20代向け】20代転職で実際に使ったおすすめの転職サイトと転職エージェントを紹介

続きを見る

【完全ガイド】転職活動の進め方 | 初めての転職でも安心

続きを見る

-キャリア

Copyright© 働き方フリーダム , 2021 All Rights Reserved.