転職サイト

転職サイトと転職エージェントの違いとは?【活用法も紹介】

・転職サイトと転職エージェントって何が違うの?
・どんな風に使っていけばいいんだろう。
・うまく活用して転職活動を成功させたい。

 

結論、転職サイトと転職エージェントの違いは担当者がつくか、つかないかの違いです。

 

本記事の内容

・転職サイトと転職エージェントの違い
・それぞれの特徴とメリット、デメリット
・転職サイトと転職エージェント活用のポイント

 

今回は転職サイトと転職エージェントの違いをテーマに書いていきます。

結論としては冒頭ですでに述べたとおりですが、本文ではそれぞれの特徴やメリット、デメリットを踏まえつつ転職活動を成功に導く活用ポイントを紹介していきます。

はっち
転職サイトや転職エージェントを使って転職活動を進めていきたいという方は最後まで読んでみてください。

 

転職サイトと転職エージェントの違いとは?

結論としては、担当者がつくか、つかないかの違いです。
詳しく見ていきましょう。

転職サイトとは?

転職サイトでは担当者がつかないため、基本的にすべて自分ひとりで転職活動を行っていく形となります。

具体的にはリクナビNEXT、ビズリーチ、キャリトレがあげられます。

おすすめの転職サイト

リクナビNEXT
公式サイト:https://next.rikunabi.com
転職者の8割以上が利用している定番サイト

キャリトレ
公式サイト:https://www.careertrek.com/
20代の転職では必須の転職サイト

ビズリーチ
公式サイト:https://www.bizreach.jp/
ハイキャリア向けの転職サイト

転職エージェントとは?

転職エージェントでは担当アドバイザーがつき、転職活動中のサポートを受けられます。

具体的にはリクルートエージェント、dodaエージェント、パソナキャリアなどがあげられます。

おすすめの転職エージェント

リクルートエージェント
公式サイト:https://www.r-agent.com/
転職業界実績No1の転職エージェント

doda
公式サイト:https://doda.jp
サポート充実・非公開求人を多く掲載

転職サイトと転職エージェントの比較

転職サイトと転職エージェントの細かな違いを表にまとめましたので、比較をしてみましょう。

比較項目 転職サイト 転職エージェント
料金 無料 無料
求人数 豊富な求人から探せる 豊富な求人+非公開求人あり
求人の質 求人票からの情報 求人票+直接企業からの情報あり
求人紹介 おすすめ機能やスカウト機能 希望や経歴に沿った求人の紹介
サポート なし。基本的にひとりで行う 担当アドバイザーによる全面的なサポート
選考対策 なし。基本的に自分で行う 書類添削、面接対策も充実
調整・交渉 自身で行う エージェントが交渉
期間 なし 制限あり(だいたい3ヵ月が目安)
進め方 気軽にマイペースに進められる アドバイザーと細目に連絡を取る必要あり
選考通過率 経歴等で機械的に判断される場合あり エージェントに推薦をしてもらえる
はっち
転職サイトと転職エージェントの違いについて解説してきました。次はそれぞれのメリットとデメリットについてみていきましょう。

転職サイトのメリットとデメリット

転職サイトのメリットとデメリットを解説します。

転職サイトのメリット

・自分のペースで進められる
・幅広い求人を見られる
・スカウトサービスを使える

はっち
24時間自分の好きな時間に利用できるのは大きなメリットです。求人掲載数も多く、スカウトサービスを使えばスキマ時間を使った転職活動も可能です。

 

転職サイトのデメリット

・自分で進める必要がある
・書類作成のサポートがない
・機械的に落とされてしまう場合が多い

はっち
応募や企業との連絡、入社日や年収交渉まで基本的には自分ひとりで行っていきます。在職中の方や転職がはじめての方にとってはかなり負担になってしまいます。

 

転職エージェントのメリットとデメリット

つづいては、転職エージェントのメリットとデメリットも解説します。

転職エージェントのメリット

・アドバイザーにキャリア相談ができる
・手厚いサポートを受けられる
・選考の通過率がサイト比べて高い

はっち
アドバイザーのサポートはとても手厚いエージェントが多いです。応募の際は推薦をしてくれるため転職サイトで自分で応募するよりも選考通過率が高いことも大きいです。

転職エージェントのデメリット

・担当アドバイザーの質による
・入りたい企業がない場合もある
・エージェントそれぞれに得手不得手がある

はっち
転職エージェントは担当者の力量による部分が大きいです。良い担当に出会えれば転職活動を進めるうえで大きな力となりますが、そうでない場合は強引に進められてしまうことも。

 

転職サイトと転職エージェント活用のポイント

それぞれの特徴やメリットとデメリットを理解したうえで実際に活用するポイントを紹介していきます。

その①:転職エージェントに相談して方向性を固める
その②:転職エージェントは複数登録する
その③:転職サイトと転職エージェントは併用する

ひとつずつ解説していきます。

その①:転職エージェントに相談して方向性を固める

転職をはじめようか迷っている段階からでも、まずはエージェントに相談しましょう。
すぐに転職をしない場合でも、エージェントを利用しても何の問題もありません。

自分の強みやどんな業界を狙っていくべきかなど、プロの意見をもらえるので気軽に利用すべき。
エージェントの登録や利用も無料ですので使わない手はありません。

漠然と転職サイトで求人を探すよりも、エージェントを利用してキャリアの方向性が見えた後に転職サイトで求人を探す方が何倍も効率がいいです。

はっち
相性の合うエージェントの場合はそのまま継続してもいいですし、転職サイトで進めていくのも自由です。

その②:転職エージェントは複数登録する

転職エージェントは会社ごとに特徴や強みはあるものの、最終的には担当アドバイザーの力量次第です。

そのため、ひとつのエージェントに絞って転職活動をするのではなく、まずは複数登録をして比較をすることが大事です。

詳しくは、転職エージェントは複数利用すべし!【転職するなら絶対に知っておきたい】で解説していますので参考にしてみてください。

はっち
転職エージェントは比較が大事!

その③:転職サイトと転職エージェントは併用する

それぞれの特徴やメリットを理解したうえで、転職サイトと転職エージェントを併用して進めていきましょう。

気に入った求人があれば、書類通過率を高めるためにも転職エージェント経由で応募をしてみたほうがいいです。
詳しい内容は、【完全ガイド】転職活動の進め方 | 初めての転職でも安心で解説していますので参考にしてみて下さい。

まとめ:転職サイトと転職エージェントの違いを理解して転職活動を進めよう

今回は、転職サイトと転職エージェントの違いをテーマにお話してきました。

結論としては、担当者がつくかつかないかの違いです。
僕個人としては紹介した活用のポイントを踏まえて併用していくことをおすすめします。

まずは紹介した転職サイトと転職エージェントを使ってみて、転職活動の第一歩を踏み出してみてください。

【20代向け】20代転職で実際に使ったおすすめの転職サイトと転職エージェントを紹介

続きを見る

-転職サイト

Copyright© 働き方フリーダム , 2021 All Rights Reserved.