転職ノウハウ

【完全ガイド】転職活動の進め方 | 初めての転職でも安心

これから転職活動を始めようと思っているけど、何から始めていいか分かりません。何から進めていけばいいのでしょうか。

こんな疑問にお答えしていきます。

この記事では転職の進め方を丁寧に解説していきます。

最後まで読むことで、転職活動の具体的な進め方がわかります。
これから転職を始めていきたいという方も安心して進めていくことができるようになりますよ。

はっち
実際に使ってみておすすめの転職サイトも紹介していますので、この記事を読んで転職活動の一歩を踏み出してみてください。

【転職活動の進め方】まずは全体の流れを理解

これから転職活動を始めていくにあたっては、
ざっと全体の流れから理解をしていきましょう。

転職期間としては3ヶ月〜6ヶ月というのが一般的

はっち
転職希望時期から逆算して転職活動を始めていきましょう。

  1. 転職の軸を決める
  2. 情報収集(自己分析・企業調査)
  3. 転職エージェントの活用
  4. 転職サイトの活用
  5. 応募書類作成
  6. 応募・選考・面接
  7. 内定・退職手続き・入社

順番に解説していきます。

STEP1:転職の軸を決める

転職の軸=転職のゴールを決めましょう。
転職を考えたのには何か理由があるはずです。

例えば・・・

・年収をアップさせたい
・キャリアアップをしたい
・労働環境を改善したい

はっち
転職はそれ自体が目的ではなく、何かを叶えるための手段です。

STEP2:情報収集

転職の軸を決めたら、2つの点から情報収集を行いましょう。

・自分を知ること(自己分析)
・相手を知ること(企業分析)

転職における自己分析では、自分の市場価値を測ることがとても重要です。

今までの仕事の棚卸をして自分の専門性や経験、強みは何かを整理してみましょう。
ミイダスではカンタンに自分の市場価値をができるので、参考にしてみるのもおすすめです。

「相手を知ること」では行きたい会社や業界について知ることです。

年収が高いのはどの業界か、伸びている業界はどんな業界か。
どんな業界や業種へ転職したいのかイメージして必要な情報を調べておきましょう。

はっち
この段階ではまだ漠然とした感じでもOKです。

STEP3:転職エージェントへ登録

転職エージェントでは、業界大手のリクルートエージェントサポートが手厚いマイナビエージェントの2社登録しましょう。
まず2社に登録しておいて間違いありません。

面談ではSTEP1とSTEP2で考えたことをもとに担当アドバイザーへ相談をすれば、狙う業界についてのアドバイスやおすすめの求人を複数紹介してくれるはずです。

担当者の対応や紹介される求人にも違いが出ると思うので、まずは2社で比較をしてみることが大事。
幅広い求人や手厚いサービスを受けつつ、必要に応じて他のエージェントも利用して自分に合ったエージェントを見つけていくことをおすすめします。

はっち
転職エージェントは担当者の腕次第でもあるので、比較が大事!

おすすめの転職エージェント

リクルートエージェント
公式サイト:https://www.r-agent.com/
転職業界実績No1の転職エージェント

マイナビエージェント
公式サイト:https://mynavi-agent.jp/
手厚いサポートで初めての転職でも安心

STEP4:転職サイトへ登録

転職エージェントから紹介される求人に加えて、転職サイトでも求人を調べてきましょう。

ただし、気になった求人があったらエージェント経由での応募がおすすめ。
サイトからの応募では機械的に落とされてしまうものも、エージェント経由では書類通過率が上がる場合があるからです。

また、キャリトレビズリーチといったスカウト型の転職サイトも利用しましょう。
スカウトが来る企業の傾向やスカウト数で自分の市場価値を測ることができます。

はっち
転職エージェントと転職サイトを併用して可能性を広げましょう。

おすすめの転職エージェント

リクナビNEXT
公式サイト:https://next.rikunabi.com
転職者の8割以上が利用している定番サイト

キャリトレ
公式サイト:https://www.careertrek.com/
20代の転職では必須の転職サイト

STEP5:応募書類作成

「履歴書」と「職務経歴書」は書類選考を通過するうえで必須です。
企業にささるような戦略的なものを書くことができれば、転職活動中の大きな武器になります。

初めてで何を書いたらいいか分からないという方でも、
エージェントを利用していればプロの目線から添削をしてくれるので安心です。

自己PRのために自分の強みを知りたい方は、グッドポイント診断もおすすめ。
無料で本格的な診断が受けられるので、空いた時間にやっておきましょう。

グッドポイント診断を実際にやってみた感想【活用法も紹介】

続きを見る

STEP6:応募・選考・面接

転職エージェントと転職サイトを併用しながら、気になった求人へ応募してきましょう。
エージェントを利用することで、企業への書類提出等の事務処理も一括でやってくれるのでとてもラクです。

ここで大事なのは企業の情報収集。
口コミサイトを使って、求人票や企業のHPからは分からないリアルな情報を集めていきましょう。

おすすめの口コミサイト

転職会議
公式サイト:https://jobtalk.jp/

openwork
公式サイト:https://www.vorkers.com

STEP7:内定・退職手続き・入社準備

内定が出て入社日が固まったら今の会社に退職の意向を伝えましょう。

会社の就業規則で〇ヵ月前にとありますので事前に必ず確認しておきましょう。
法律上では2週間前であれば問題ないとなっていますが、僕の経験上、不要なトラブルを避けるためにも会社の規則に沿った形で伝えたほうが良いです。

 

はっち
転職活動の大まかな流れは以上です!

 

おすすめの転職エージェント

ここからは実際に使ってみて良かったおすすめの転職エージェントを紹介していきます。

※転職エージェントの登録と利用はすべて無料ですのでご安心下さい。

①:リクルートエージェント

公式サイト:https://www.r-agent.com/
おすすめ度:

リクルートエージェントは転職業界実績No1の転職エージェントです。

僕自身、リクルートエージェントを通じて今の会社へ内定がつながったので、
これから転職をすすめて行く方にはまずおすすめをしています。

最大手ということもあり、幅広い求人を紹介してもらえましたし、転職活動中のサポートも手厚く対応をしてもらえました。
転職サイトのリクナビNEXTとの併用もよいです。
サイトで気になった求人をエージェント経由で応募するやり方もおすすめです。

②:doda

公式サイト:https://doda.jp
おすすめ度:

dodaはリクルートに次ぐ、業界No2の転職エージェントです。
10万件以上の求人数を保有し、非公開求人の割合も多いため僕が利用した際には本当に幅広く求人を紹介してもらえました。

「キャリアタイプ診断」や「合格診断」といった独自のサービスが充実しているのも特徴的でした。

20代での転職は幅広い求人をみて、自分に合った企業を見つけていくことが大事です。
リクルートエージェントとdodaを登録して、自分に合った方を選べばいいと思います。

③:パソナキャリア

公式サイト:https://www.pasonacareer.jp/
おすすめ度:

リクルートやdodaに比べ紹介される求人数は少ないですが、
パソナキャリアも20代向けの求人に力を入れています。

実際僕が利用した際に感じたのは、キャリアアドバイザーの方のサポートが非常に良かったこと。
初回の面談からその後の書類作成など、かなり丁寧にサポートをしてくれました。

転職がはじめてで不安がある方や、とにかく丁寧にサポートしてもらいたいという方に特におすすめです。

④:JACリクルートメント

公式サイト:http://www.jac-recruitment.jp/
おすすめ度:

JACリクルートメントはハイキャリア向けの転職に特化した転職エージェントです。

35歳以上のミドル層向けがメインターゲットですが、
20代後半~30代前半の方にもおすすめです。

経歴や実績に自信がある方や、ハイクラスの求人を紹介してもらいたい方は利用してみましょう。

おすすめの転職サイト

つづいて、おすすめの転職サイトを紹介します。
転職サイトの登録も無料ですが、紹介する3つを登録しておけば十分です。

※転職サイトの登録と利用はすべて無料ですのでご安心下さい。(ビズリーチの有料会員は除く)

①:リクナビNEXT

公式サイト:https://next.rikunabi.com
おすすめ度:

リクルートが運営している業界最大手の転職サイト。
転職活動をしている8割の方が使っているほど、定番の転職サイトです。

サイト内では「履歴書」と「職務経歴書」の作成が出来るツールがあり、とても便利です。
業界でも最多の求人数を扱っているため、幅広い求人をみることができます。

ただし、求人の数が膨大のため探すだけでも時間がかかってしまいます。
「企業からのスカウト」「人気企業ランキング」など、ある程度機能を絞って活用してくことをおすすめします。

②:キャリトレ(20代向け)

公式サイト:https://www.careertrek.com/
おすすめ度:

20代に特化した転職サイトといえば、キャリトレです。
㈱ビズリーチが運営しており、これからキャリアを積んでいきたい方をメインターゲットとしています。
そのため、紹介している求人も20代に特化しています。

実際に使って便利だったのが、レコメンド機能です。
興味がある企業を選んでいくことで人工知能が学び、紹介求人の制度が上がっていきます。

アプリも使いやすく、ちょっとした時間を使って出来るので、
忙しいからスキマ時間で効率的に転職活動をしたい方や、転職はすぐにしないから気軽に求人を見てみたいという方にピッタリです。

③:ビズリーチ(ハイキャリア向け)

公式サイト:https://www.bizreach.jp/
おすすめ度:

キャリトレと同じ㈱ビズリーチが運営していますが、ハイキャリア向けの求人を多く扱っているのが特徴。
ヘッドハンターからスカウトメールが送られてくるほかに、企業から直接「プラチナスカウト」が送られてくることもあります。

気になったヘッドハンターへ相談してみるのもいいですし、
企業からのスカウトがあれば面談に進んでみるのもよいので、自分の裁量をもって転職活動をすすめていけます。

年収600万円以上の方やマネジメントスキルがある方など経歴に自身がある方はビズリーチはぴったりです。

転職意思が固まっていないうちから利用ができますので、
まずは登録しスカウトの数や内容をみて、今の自分の市場価値を測ってみるのもおすすめしています。

有料会員の機能もありますが、無料会員で問題なく機能は使えます。

おすすめの転職関連サービス

企業調査では口コミサービスの利用は必須です。
こちらの2つのサービスを使えばほとんどの企業情報はカバーできます。

①:転職会議

公式サイト:https://jobtalk.jp/

求人票や転職エージェントからだけでは企業の表面的な情報しか知ることはできません。
そこで利用するべきなのは企業の口コミサイトです。

転職会議ではほとんどの企業の口コミが載っているため、企業情報を知るのに本当に参考になります。
僕も転職活動中、選考に進む企業に関しては転職会議で一通りの情報をみるようにしていました。

もちろん退職した方々の口コミですので、マイナス意見が多いという意見もありますが、
その会社の年収レンジや退職理由など幅広く参考にしてみると良いでしょう。

②:openwork

公式サイト:https://www.vorkers.com/

転職会議と並行して利用していたのがopenwork(旧vokers)です。
それぞれの口コミも細かく記載されているものが多いため参考にしていました。

企業文化や強みと弱みといった企業分析に関しては、在職している方のリアルな声を知ることが出来ます。
あまりに評価が低い企業など気になる点があれば、エージェントに聞いてみるもの手です。

まとめ:転職活動の進め方 | 初めての転職でも安心

転職活動は最初はだれでも不安です。
しかし、漠然とした不安も具体的な流れを知っておくことで和らぐのではないでしょうか。

転職サイトや転職エージェントをうまく活用していけば、転職活動もスムーズに進めることができます。
あなたの転職が良いものになるよう心から祈っています。

-転職ノウハウ

Copyright© 働き方フリーダム , 2021 All Rights Reserved.