転職サイト

【20代向け】20代転職で実際に使ったおすすめの転職サイトと転職エージェントを紹介

転職を考えている20代です。これから転職活動を始めようと思っているけど、転職サイトと転職エージェントってたくさんあってどれを使えばいいかわからない。20代の転職ではどれを使うのが最適?

そんな疑問を解決します。

はっち
こんにちは!はっちです!
20代で2回の転職を経験し現職は3社目。
現在でも転職サイトや転職エージェントを定期的に利用するようにしています。

この記事では僕が20社以上の転職サイトを利用してきた中で、20代の転職におすすめの転職サイトと転職エージェントを紹介していきます。

実際に使っておすすめしたいサービスをまとめていますので、記事を読むことですぐに転職活動が始められますよ。

20代の転職を成功させるコツ

転職サイトと転職エージェントは複数登録をして自分に合ったエージェントを見つけましょう。まずは転職サイト、転職エージェントを1~2社ずつ登録してみるのがおすすめです。

20代の転職で使ったおすすめの転職サイト

20代の転職におすすめの転職サイトは以下の基準で選びました。

・20代向けの求人を扱っているか
・手軽にはじめられるか
・サービスは使いやすいか

はっち
数多くある転職サイトの中で20代に使って良かったものを紹介します。

※ちなみに転職サイトと転職エージェントの違いはこちらの記事で解説しています。

転職サイトと転職エージェントの違いとは?【活用法も紹介】

続きを見る

キャリトレ

公式サイト:https://www.careertrek.com/
おすすめ度:

20代に特化した転職サイトといえば、キャリトレです。
㈱ビズリーチが運営しており、これからキャリアを積んでいきたい方をメインターゲットとしています。
そのため、紹介している求人も20代に特化しています。

実際に使って便利だったのが、レコメンド機能です。
興味がある企業を選んでいくことで人工知能が学び、紹介求人の制度が上がっていきます。

アプリも使いやすく、ちょっとした時間を使って出来るので、
忙しいからスキマ時間で効率的に転職活動をしたい方や、転職はすぐにしないから気軽に求人を見てみたいという方にピッタリです。

リクナビNEXT

公式サイト:https://next.rikunabi.com
おすすめ度:

リクルートが運営している業界最大手の転職サイト。
転職活動をしている8割の方が使っているほど、定番の転職サイトです。

サイト内では「履歴書」と「職務経歴書」の作成が出来るツールがあり、とても便利です。
業界でも最多の求人数を扱っているため、幅広い求人をみることができます。

ただし、求人の数が膨大のため探すだけでも時間がかかってしまいます。
「企業からのスカウト」「人気企業ランキング」など、ある程度機能を絞って活用してくことをおすすめします。

ビズリーチ(ハイキャリア向け)

公式サイト:https://www.bizreach.jp/
おすすめ度:

キャリトレと同じ㈱ビズリーチが運営していますが、ハイキャリア向けの求人を多く扱っているのが特徴。
ヘッドハンターからスカウトメールが送られてくるほかに、企業から直接「プラチナスカウト」が送られてくることもあります。

気になったヘッドハンターへ相談してみるのもいいですし、
企業からのスカウトがあれば面談に進んでみるのもよいので、自分の裁量をもって転職活動をすすめていけます。

年収600万円以上の方やマネジメントスキルがある方など経歴に自身がある方はビズリーチはぴったりです。

転職意思が固まっていないうちから利用ができますので、
まずは登録しスカウトの数や内容をみて、今の自分の市場価値を測ってみるのもおすすめしています。

20代の転職で使って良かったおすすめの転職エージェント

実際に利用した転職エージェントの中から、以下の基準で絞って紹介していきます。

・20代向けの求人が多い
・幅広い求人を紹介してくれる
・書類作成や選考のサポートが充実している

はっち
転職エージェントは担当者の力量や相性によって変わってきますので、まずは複数登録して比較をしながら利用していきましょう。

リクルートエージェント

公式サイト:https://www.r-agent.com/
おすすめ度:

リクルートエージェントは転職業界実績No1の転職エージェントです。

僕自身、リクルートエージェントを通じて今の会社へ内定がつながったので、
これから転職をすすめて行く方にはまずおすすめをしています。

最大手ということもあり、幅広い求人を紹介してもらえましたし、転職活動中のサポートも手厚く対応をしてもらえました。
転職サイトのリクナビNEXTとの併用もよいです。
サイトで気になった求人をエージェント経由で応募するやり方もおすすめです。

リクルートエージェントの評判ってどうなの?メリット、デメリットをわかりやすく解説!

続きを見る

マイナビエージェント

公式サイト:https://mynavi-agent.jp/
おすすめ度:

マイナビエージェントでは、20代向けや大手企業の求人も豊富です。

他の大手エージェントと比較して良かった点は、求人紹介は「量」より「質」であること。忙しい中での転職活動では求人確認だけでも時間がかかります。マイナビエージェントでは機械による自動紹介ではなく、ひとつずつの求人を担当者が選んでいるので効率的に企業応募を進められました。

書類選考率も高く、面接対応もしっかりしていたのが印象的でした。転職がはじめてで不安がある方や、とにかく丁寧にサポートしてもらいたいという方に特におすすめです。
ただし、リクルートやdodaに比べ求人数自体は少ないため、どちらかとの併用をおすすめします。

【2020年】マイナビエージェントを使った感想【20代・30代向け】

続きを見る

doda

公式サイト:https://doda.jp
おすすめ度:

dodaはリクルートに次ぐ、業界No2の転職エージェントです。
10万件以上の求人数を保有し、非公開求人の割合も多いため僕が利用した際には本当に幅広く求人を紹介してもらえました。

「キャリアタイプ診断」や「合格診断」といった独自のサービスが充実しているのも特徴的でした。

20代での転職は幅広い求人をみて、自分に合った企業を見つけていくことが大事です。
個人的にはリクルートエージェントとdodaを登録して、自分に合った方を選べばいいと思います。

dodaエージェントの評判ってどうなの?メリット、デメリットをわかりやすく解説!

続きを見る

20代の転職でおすすめしたい転職サービス

上記で紹介した転職サイトに加え、おすすめの転職関連サービスを紹介していきます。

はっち
転職活動は情報収集が鍵!

転職会議

公式サイト:https://jobtalk.jp/

求人票や転職エージェントからだけでは企業の表面的な情報しか知ることはできません。
そこで利用するべきなのは企業の口コミサイトです。

転職会議ではほとんどの企業の口コミが載っているため、企業情報を知るのに本当に参考になります。
僕も転職活動中、選考に進む企業に関しては転職会議で一通りの情報をみるようにしていました。

もちろん退職した方々の口コミですので、マイナス意見が多いという意見もありますが、
その会社の年収レンジや退職理由など幅広く参考にしてみると良いでしょう。

openwork

公式サイト:https://www.vorkers.com/

転職会議と並行して利用していたのがopenwork(旧vokers)です。
それぞれの口コミも細かく記載されているものが多いため参考にしていました。

企業文化や強みと弱みといった企業分析に関しては、在職している方のリアルな声を知ることが出来ます。
あまりに評価が低い企業など気になる点があれば、エージェントに聞いてみるもの手です。

ミイダス

公式サイト:https://miidas.jp/

ミイダスは自分の市場価値を測ることができる転職サービスです。
いままでの経歴やスキルに答えていくと、年収目安や紹介可能求人数をおしえてくれます。

僕も転職活動をはじめる際に利用して、参考にしていました。
ただし、提示年収も高めに出ている印象があるので、あくまで参考としてやってみることをおすすめします。

グッドポイント診断

公式サイト:https://next.rikunabi.com/goodpoint/

グッドポイント診断とはリクナビNEXT会員に向けた独自の自己分析ツールです。
選択式の設問に答えていくだけで、自分の強みを知ることができます。

ストレングスファインダーと似たものですが無料とは思えないほど優れたサービスです。

会員の方であればどなたでも利用ができますので、
自己PRを書くのが苦手な方や自分の強みや適性を客観的に知りたいという方にはピッタリのサービスです。

グッドポイント診断を実際にやってみた感想【活用法も紹介】

続きを見る

20代の転職を成功させるコツ

以下に20代の転職を成功させるためのコツを紹介していきます。

はっち
知っておくだけでもかなり進め方が変わってくると思いますのでぜひ参考にしてください。

転職の軸を決めよう

転職活動をはじめるにあたっては、転職の軸を決めておくことがとても大切です。

軸がないまま転職活動をはじめると途中で間違いなく迷いますし、
多くの求人から自分に合った求人を選ぶ判断基準も分からなくなってきます。

転職の軸の決め方についてはこちらの記事で解説をしています。

転職活動をはじめるなら、まずは軸を決めよう【まずはここから】

続きを見る

転職の流れを理解しよう

転職活動全体のおおまかな流れや必要な期間は先に知っておきましょう。

転職活動の大まかな流れ

  • 事前準備・情報収集(1~2か月)
  • 応募・選考(1~2か月)
  • 内定・入社(1~2か月)

目安としては3~6か月程の期間がかかってきますので、
目標の転職時期から逆算をしてスケジューリングをしておくとスムーズです。

【完全ガイド】転職活動の進め方 | 初めての転職でも安心

続きを見る

転職エージェントは複数利用しよう

リクナビNEXTによれば、転職決定者では平均4.2社の転職エージェントを利用しています。

エージェントの担当者によっては、良くない求人を勧めてきたり、
内定を急かしてきたりといったことが平気であります。

転職エージェントの力量は担当者個人の質によるものが大きいので、
自分に合った担当者を見つけるためにも、エージェントの比較が重要です。

転職を成功させるためにはひとつの転職エージェントだけを利用するのではなく、複数のエージェントをうまく活用して進めていきましょう。
こちらの記事で詳細について解説をしています。

転職エージェントは複数利用すべし!【転職するなら絶対に知っておきたい】

続きを見る

まとめ:20代におすすめの転職サイト

最後に紹介した転職サイトと転職エージェントをまとめます。

転職サイト メリット デメリット
1 キャリトレ ・20代の転職に特化
・ちょっとした時間で転職活動ができる
・対象年齢の幅が狭い
2 リクナビNEXT ・幅広い求人をみれる
・転職サイトではサポートが充実
・求人数が多いので探すのが大変
3 ビズリーチ ・年収アップできる求人が多い
・ハイキャリアでの転職ができる
・年収500万以上でないとスカウトがあまり来ない
・フル機能の場合は有料
転職エージェント メリット デメリット
1 リクルートエージェント ・20代の転職に特化
・ちょっとした時間で転職活動ができる
・対象年齢の幅が狭い
2 doda ・幅広い求人を紹介してもらえる
・各種診断サービスが充実
・担当者の質に差がある
3 マイナビエージェント ・未経験からでも応募可能求人を紹介してもらえる
・アドバイザーのサポートの質が高い
・上記2社に比べて求人数が少ない

20代ではじめての転職という方もいるかもしれません。
僕も20代で2回の転職を経験しましたが、転職を成功させるためにも必要な情報を集めて準備していくことが大切です。

はっち
紹介したサイトを参考に、まずは第一歩を進めていきましょう。

-転職サイト

Copyright© 働き方フリーダム , 2021 All Rights Reserved.