転職ノウハウ

転職エージェントは複数利用すべし!【転職するなら絶対に知っておきたい】

「転職エージェントは複数登録した方がいいの?」
「実際に登録するとしたらどんなところがおすすめ?」
「複数利用する場合の注意点なども知りたい。」

そんなあなたに向けて記事を書いています。

はっち
こんにちは!はっちです!
過去2回の転職経験を元に、実体験を交えながら転職に役立つ情報を発信しています!

結論、転職エージェントは複数利用するべきです。

実際僕も転職活動を進める上では、あえて、複数のエージェントを利用してきました。
転職活動の成功に大きく影響してくることなので、この記事では転職エージェントを複数利用するメリットと利用する際の注意点なども解説してきます。

これから転職を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

はっち
それでは、いきましょう!

前提:転職エージェントは複数利用してOK!

「なんだか利用する転職エージェントに悪い気がする。。」
「後々のトラブルにならないか心配。。」

そんな不安も感じるかもしれませんが、前提として、転職エージェントを複数利用することは全然OKです!

リクナビNEXTによれば、転職決定者では平均4.2社の転職エージェントを利用しているとのこと。
むしろ、転職を成功させるためには複数のエージェントをうまく活用していくことが重要です。
この後説明する注意点にも気をつけておけば、トラブルの心配も無いので大丈夫です。

はっち
もちろん転職エージェントの利用は無料。メリットを理解しつつ、ガンガン活用していきましょう。

転職エージェントを複数利用するメリット

実際に複数利用して感じたメリットがこちら。

複数利用のメリット

  1. エージェントの比較ができる
  2. アドバイザーの比較ができる
  3. 求人の幅が広がる

どれもとっても大切なことなので、ひとつずつ解説していきますね。

メリット①:エージェントの比較ができる

転職エージェントといっても、その特徴はさまざまです。

エージェント 特徴
リクルートエージェント 総合転職エージェント。転職支援実績も業界NO1
doda 独自ツールも充実。非公開求人の割合が多い。
マイナビエージェント 手厚いサポートで20代/30代の転職に強い。
パソナキャリア 人材派遣大手。女性転職に強い。
JAC Recruitment ハイクラスの転職。外資系に強い。

経歴やスキルが無いけど、ハイキャリア向けのエージェントを利用したり、幅広い業界を見たいけど、特定の業界に特化したエージェントを利用したり、これでは転職もうまくいかないですよね。

どれか一つだけでは、情報が偏ってしまいますし、それぞれの特徴を理解して自分に合ったエージェントを選ぶことが大切です。

メリット②:担当アドバイザーの比較ができる

担当してもらうアドバイザーとの相性は、転職活動を進める上でかなり重要です。

エージェントそれぞれの特徴はありますが、最終的には会社の規模では無く、アドバイザーとの相性で選ぶべきかなと。

実際僕が利用した際はこんな感じでした。

・1社目:対応は◎。ただ求人数が少ないため、強引に求人を勧めてくる印象。
・2社目:大手でサポートバッチリと思ったけど、実際は新人っぽい方。相談しづらかった。
・3社目:対応は◎。経験も豊富そうで、人情のあり、色んなことを相談しやすかった。

最終的には、3社目のエージェントで転職活動をすすめました。

自分に合う担当アドバイザーを見つけるためには、エージェントの比較が大切です。

はっち
自分のキャリアについて真剣に相談に乗ってくれる。そんなアドバイザーを探しましょう。

メリット③:求人の幅が広がる

エージェントを複数利用することで、応募求人の幅も広がってきます。

エージェントによって保有している求人数も違えば、
非公開求人など、そのエージェントしか扱っていない求人もあるからです。
また各エージェントごとに業界や分野の強みもあります。

業界や会社がかなり絞られている場合を除けば、転職をはじめる際は複数登録して幅広い求人情報を集めていきましょう。

転職エージェントを複数利用する際の注意点

次は実際にエージェントを複数利用する際の注意点について解説していきます。

複数利用の注意点

  1. 複数利用していることは隠さない
  2. 途中でエージェントを絞る
  3. 同じ求人には応募しない

ひとつずつ解説していきます。

①:複数利用していることは隠さない

複数のエージェントを利用していることは正直に言っておくことが大切。

ほとんどの人が転職エージェントは複数利用していますし、隠すことで不要なトラブルが起きると面倒ですよね。
エージェント登録や初回面談の際などでも記載項目があるので、変に隠さずに正直に言っておきましょう。

②:途中でエージェントを絞る

転職をはじめる時などは複数のエージェントを利用するべきですが、ある程度転職活動を進めてきたら、1~2社に絞ることをおすすめします。

活動を進めていくとアドバイザーとのやり取りも増えるので、本業をやりつつでは、どうしても負担も大きくなってきます。

最初の段階では複数のエージェントを比較して、自分に合うと思ったエージェントを見つけたら、とことん向き合ってやり取りを深めていくと良いです。

③:同じ求人には応募しない

同じ求人に複数のエージェントから応募することはNGなのでご注意を。

転職エージェントは成果報酬型のビジネスモデルです。
複数のエージェントから応募し内定になった場合、エージェント同士のもめ事になったり企業への印象も悪くなります。

無意識に同じ企業に応募してしまった。という場合もあると思うので、その場合は担当アドバイザーに相談しましょう。

まとめ:転職エージェントは複数利用するべき

今回は、転職エージェントを複数利用するメリットと注意点について解説しました。

  • 前提:転職エージェントは複数利用してOKです!
  • 複数利用で実際に感じたメリットはこちら。
    ①エージェントの比較ができる
    ②担当アドバイザーの比較ができる
    ③求人の幅が広がる
  • 複数利用する際にはこんなことに注意。
    ①複数利用していることは隠さない
    ②途中でエージェントを絞る
    ③同じ求人には応募しない

転職はキャリアを考える上では大切な分岐点になってきます。

自分の納得のいく転職を叶えるためには、転職エージェントをうまく活用していくことが重要になってきます。

はっち
複数のエージェントを利用することで、自分にあったエージェント、アドバイザーを見つけて転職活動を進めていきましょう!

 

実際に僕が利用したおすすめの転職サービスはこちら。

実際に利用しておすすめの転職サービス

-転職ノウハウ

Copyright© 働き方フリーダム , 2021 All Rights Reserved.