転職ノウハウ

知っておきたい信用できない転職エージェントの特徴【対処法もセットで知っておこう】

転職エージェントって信用できないイメージがあって不安。」
「実際に利用したことがあるけど、なんだか信用できなかった。」

そんな不安を解決します。

はっち
こんにちは!はっちです!
過去2回の転職経験を元に、実体験を交えながら転職に役立つ情報を発信しています!

「転職エージェントって、なんか信用できない」というイメージをもっている方、結構いると思います。

結論、実際に利用してみて信用ができないと思う転職エージェントはいるのは事実です。

そうなってしまうのは転職エージェントの仕組みから言えば当然のことで、
大切なのは事前にこれからお話しする内容を知ったうえで、エージェントをうまく活用していくことかと思います。

この記事では、信用できないエージェントの特徴と実際に会ってしまった時の対処法を解説していきます。

転職エージェントをこれから利用しようと思っている方、
うまく活用して転職活動を進めていきたいと思っている方はぜひ参考にしてみてください。

はっち
それでは、いきましょう!

おすすめの転職エージェント

転職活動を進めていくにあたって、まず登録すべきなのはリクルートエージェントdodaといった大手総合転職エージェントです。登録や利用は無料ですので、まずはアドバイザーとの面談で相談をしてみるとよいでしょう。

転職エージェントのビジネスモデルを知る

転職エージェントをこれから利用しようと思っているのなら、転職エージェントのビジネスモデルは必ず知っておくべきです。

転職エージェントのビジネスモデルはこちら。

転職エージェントの利用は無料なので、はじめて利用するときは「なんで無料でサービスが受けられるの?」って疑問に思いますよね。

実際に転職エージェントでは、求職者を企業に紹介して無事内定となれば報酬が企業からもらえるという流れ。
報酬額としては、年収の3割ほどが相場といわれています。

信用できない転職エージェントはなぜ生まれる?

ビジネスモデルを理解しすれば、「なぜ信用できない転職エージェントがいるのか?」が理解できると思います。

「長期的にキャリアを考えて転職したい求職者」「短期的な紹介料のために求人を紹介する転職エージェント」という構造が生まれてしまうからです。

成果報酬型のため、採用が決まらなければ転職エージェントの報酬はゼロ。
また、担当アドバイザーもノルマ(予算)を持っているため採用を決めようと必死になっています。

結果として、求職者にとって本当におすすめの求人ではなく、転職エージェントにとって都合のいい求人(紹介料が高かったり、採用が決まりやすかったり)を紹介されてしまう、求職者の立場に立たない転職エージェントが生まれてしまうわけです。

もちろん、一緒にキャリアを考えてくれる良いアドバイザーさんも多くいますし、転職活動進めていくためには、エージェントを上手く活用していくことが必須です。

しかし、こういった知識を知ったうえで活用していくのと、知らないままサービスを利用するのでは結果が大きく変わってしまいます。

信用できない転職エージェントの特徴4つ

それでは、実際に信用できない転職エージェントの特徴を紹介してきます。
実際にこんなアドバイザーに当たってしまったら要注意です。

①:新人アドバイザーである

まずは、担当アドバイザーが新人の方の場合。
もちろん、良い対応をしてくれる新人アドバイザーの方もいますが、対応がイマイチの場合もあるので要注意です。

実際に僕も大手エージェントを利用した際、新人アドバイザーの方でしたが、多く担当を抱えていたようで、連絡が遅かったり、経験もなく十分なサポート受けられないということがありました。

初回の面談の際にもある程度分かるかと思いますので、ちゃんと対応をしてもらえそうか、見極めていきましょう。

②:希望に合わない求人を勧めてくる

希望に合わない求人を勧めてくる場合も要注意。

その求人が転職者のためでなく、エージェントにとって良い求人の場合もあるからです。

例えば、「離職率が高く常に求人を掲載している企業」があったとします。
求職者の立場からすれば、そんな企業行きたくないと思いますが、エージェントにとっては、「人の移り変わりが激しい」=「採用が決まりやすい」となり紹介してくる場合もあります。

「転職者にとっていい求人」と「エージェントにとっていい求人」が必ずしも同じとは限らないということも知っておきましょう。

③:良いフィードバックしか言ってこない

アドバイザーの方が良いフィードバックしか言ってこない場合も気を付けたほうがいいです。
転職エージェントの本音としては、1秒でもはやく面接を勧めていきたいということですよね。

そのため、面接後のフィードバックなどでも企業からの悪いフィードバックではなく、良いフィードバックばかりを伝えて次の面接へすすめようとします。

面接が終わったら、かならず悪いフィードバックや懸念点などもエージェントに聞いてみるようにしましょう。
良いフィードバックしか伝えてこないエージェントは要注意です。

④:無理に入社を勧めてくる

希望に反して無理に入社を勧めてくる場合もあります。

エージェントのビジネスモデルは成果報酬型です。
採用まで辿り着かなければ、転職エージェントの利益はゼロ。

目先の報酬を狙って無理に勧めてくるということもありうることですので、十分気をつけましょう。

信用出来ないエージェントに当たった場合の対処法

信用できないエージェントの特徴を知ったうえで、
実際に出会ってしまった場合の対処法も知っておきましょう。

①:違うエージェントへ切り替える

別の記事でもおすすめしていますが、転職エージェントは必ず複数利用しましょう。

ひとつのエージェントだけの利用ではリスクがあります。
複数利用をしていれば、信用できないエージェントに出会ってしまった場合でもその時点で別のエージェントに切り替えれば問題ありません。

エージェント 特徴
リクルートエージェント 総合転職エージェント。転職支援実績も業界NO1
doda 独自ツールも充実。非公開求人の割合が多い。
マイナビエージェント 手厚いサポートで20代/30代の転職に強い。
パソナキャリア 人材派遣大手。女性転職に強い。
JAC Recruitment ハイクラスの転職。外資系に強い。
転職エージェントは複数利用すべし!【転職するなら絶対に知っておきたい】

続きを見る

②:担当交代依頼の連絡をする

実際には担当してくれるアドバイザーの質による部分が大きいです。

「信用できないな」、「合わないな」と思った場合は、担当交代の連絡をしてみましょう。

各エージェントでも問い合わせページが設けられていたり、面談後のアンケートでも伝えることができます。

エージェントによっては、利用中に担当アドバイザーの上司の方からサービス対応調査のメールが届く、なんてこともこともありました。

同じエージェントでも担当アドバイザーによって、サービスの質が変わるということは全然ありますので、
「エージェントは変えたくない」という方はアドバイザー変更を依頼しましょう。

まとめ:転職エージェントはうまく活用しよう

今回は信用できない転職エージェントの特徴と対処法をご紹介しました。

転職エージェントのビジネスモデルは利用するうえで絶対に知っておくべきことですし、
知ったうえで、転職エージェントは上手にフル活用をしていくべきだと思います。

転職エージェントは下記のエージェントから2~3つ登録して比較をするのがベストです。

エージェント 特徴
リクルートエージェント 総合転職エージェント。転職支援実績も業界NO1
doda 独自ツールも充実。非公開求人の割合が多い。
マイナビエージェント 手厚いサポートで20代/30代の転職に強い。
パソナキャリア 人材派遣大手。女性転職に強い。
JAC Recruitment ハイクラスの転職。外資系に強い。

実際に僕がメインで利用した転職関連サービスはこちら。

実際に利用しておすすめの転職サービス

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事があなたの転職活動に少しでも役に立ったならうれしいです。

-転職ノウハウ

Copyright© 働き方フリーダム , 2021 All Rights Reserved.