LIFE

【ジャズトランペット】偉大な海外トランぺッター20選【まずはコレを聴け!】

・ジャズトランぺッターでおすすめの曲やアルバム、アーティストを知りたい。
・初心者だけど、どんなトランぺッターから聴くといいんだろう。
・もっと色んな曲を聴いてジャズに詳しくなりたい。

そんな方に向けてこの記事を書いています。

本記事の内容

・ジャズのトランペットはまずここから!
・ジャズトランペットのおすすめミュージシャン20選!
・トランペットのジャズ名盤を聴くなら!

こんにちは!副業ミュージシャンのはっちです!
会社員として働きながら演奏活動も続けています。プレイヤー歴も早15年。
ジャズ大好きです!
はっち

トランペットってカッコいいですよね!
コンボはもちろん、ビッグバンドでも花形ポジション!

歴史を見ると偉大なトランぺッターは数多くいます。
この記事では、おすすめのジャズトランぺッター20選を紹介していきます。

レジェンドから現代のミュージシャンまでを網羅していますので、
ぜひ気に入ったアーティストを見つけてくださいね!

本当に偉大なアーティストばかりです。
気に入ったアーティストを見つけていきましょう!
はっち

音楽視聴について

本記事で紹介している音楽のほとんどは『AmazonミュージックUnlimited』の無料トライアルで無料視聴が可能です。1ヶ月間の無料トライアル中に退会すれば料金は一切かかりませんので、活用すると便利です。

>>AmazonミュージックUnlimitedの無料体験はこちらから。

>>実際に1年以上使ってみたレビュー記事も書いています。

 

ジャズのトランペットはまずここから!

出典:https://www.udiscovermusic.jp/

「これからジャズトランぺッターを聴いていきたい!」
「アーティストがたくさんいるけど、どれから聴いていこうかな。」

そんな方は、まずはマイルス・デイヴィス(Miles Davis)から聴くのをおすすめします。
マイルスひとりの人生を追っていくとジャズの大まかな歴史が分かります。

これから紹介するトランぺッターたちも彼に影響されたり、
また、マイルスが若き時代に演奏していたりと少なからず関連していきます。

ここら辺は説明すると長くなってしまうので、詳しく知りたい方は自叙伝や映画を観てみるのもおすすめです。

マイルスを知れば、ジャズの歴史が分かります!
はっち

ジャズトランペットのおすすめミュージシャン20選!

それでは、アーティスト紹介へ行きます!

紹介内容について

  • アーティスト名
  • おすすめアルバム
No1:Louis Armstrong(ルイ・アームストロング)

出典:https://www.amazon.co.jp

通称サッチモ。
特徴的な歌い方がまず思い浮かびますが、トランペッターとしても一流です。

No2:Dizzy Gillespie(ディジー・ガレスピー)

出典:https://www.amazon.co.jp

チャーリーパーカーとともに、ビバップを築いたひとり。
ほっぺたを膨らませながら演奏したり、上向きのトランペットで演奏したり独自のスタイルが特徴的。

No3:Clark Terry(クラーク・テリー)

出典:https://www.amazon.co.jp

カウントベイシー、デュークエリントンの両楽団にも在籍していた、巨匠。
若き頃のマイルスにも大きな影響を与え、晩年は後世の育成も積極的に行っていました。

No4:Blue Mitchell(ブルー・ミッチェル)

出典:https://www.amazon.co.jp

ハードバップのトランペッター。ホレスシルヴァーのバンドでも活躍。

No5:Kenny Dorham(ケニー・ドーハム)

出典:https://www.amazon.co.jp

ビバップ期を代表するトランぺッター。
このアルバムに収録の「Lotus Blossom」は名曲。

No6:Lee Morgan(リー・モーガン)

出典:https://www.amazon.co.jp

若いことはジャズメッセンジャーズやディジーガレスピー楽団にも所属。
ブルーノートレーベルの代表的トランぺッターといわれています。

No7:Clifford Brown(クリフォード・ブラウン)

出典:https://www.amazon.co.jp

若くして亡くなってしまいましたが、天才トランぺッターとして活躍。
ドラマーのマックスローチとともに数多くのアルバムを残しました。

No8:Thad Jones(サド・ジョーンズ)

出典:https://www.amazon.co.jp

サド・ジョーンズ=メル・ルイス・ジャズ・オーケストラのバンドリーダーを務める。
ピアニストのハンクジョーンズを兄に、ドラマーのエルヴィンジョーンズを弟にもつ。

No9:Chet Baker(チェット・ベイカー)

出典:https://www.amazon.co.jp

トランぺッターとしてもヴォーカリストとしても、その甘いマスクと中性的な歌声で人気を博しました。
インストとしての演奏や、曲中のソロ、スキャットも明快でとても聴きやすいです。

No10:Art Farmer(アート・ファーマー)

出典:https://www.amazon.co.jp

温かみのある演奏が特徴的。
トランペットとフリューゲルホーンの中間「フランペット」を開発し演奏していたことでも知られています。

No11:Freddie Hubbard(フレディ・ハバード)

出典:https://www.amazon.co.jp

エネルギッシュでパワフルな演奏が特徴的。
アートブレイキーのジャズメッセンジャーやハービーハンコックのVSOPでも活躍。

No12:Maynard Ferguson(メイナード・ファーガソン)

出典:https://www.amazon.co.jp

ハイノートでビッグバンドトランぺッターとして有名。
映画「ロッキー」のテーマ曲も彼が演奏していますよ!

No13:Randy Brecker(ランディ・ブレッカー)

出典:https://www.amazon.co.jp

弟のランディーブレッカーとともに結成した、ブレッカーブラザーズとしての活動はあまりに有名。
兄弟そろってセッションミュージシャンとしても数多くの作品に参加しています。

No15:Wynton Marsalis(ウィントン・マルサリス)

出典:https://www.amazon.co.jp

超絶的な技巧で高い評価を得ています。
伝統的なジャズスタイル、クラシックな演奏が特徴。

No16:Arturo Sandoval(アルトゥーロ・サンドヴァル)

出典:https://www.universal-music.co.jp/

キューバ出身のジャズトランぺッター。
4ビートやビバップを中心に演奏していますが、リズミカルで明るいキューバ音楽の要素も感じられる演奏が特徴。

No17:Terence Blanchard(テレンス・ブランチャード)

出典:https://www.amazon.co.jp

数多くの映画音楽を制作してきたことでも有名。
若いころはアートブレイキーのジャズメッセンジャーズにも加入していました。

No18:Nicholas Payton(ニコラス・ペイトン)

出典:https://www.amazon.co.jp

ニューオリンズ出身のトランぺッター&マルチ楽器奏者。
ハードバップからヒップホップ、キューバン、ファンクなど幅広い楽曲を演奏。

No19:Roy Hargrove(ロイ・ハーグローヴ)

出典]https://jazztimes.com/

自身のクインテットやバンドRH Factorを中心に、ヒップホップやR&Bミュージックとジャズの融合を先駆けて開拓。
多くの現代アーティストに影響を与えてきました。

No20:Christian Scott(クリスチャン・スコット)

出典:https://www.amazon.co.jp

伝統的なジャズを取り入れつつ、同世代のミュージシャンと革新的な演奏を行う。
ジャズの新世代を牽引するトランぺッターとして注目を集めています。

トランペットのジャズ名盤を聴くなら!

おすすめジャズトランぺッターを紹介してきましたが、
もっとたくさん聴きたい!という方は『AmazonミュージックUnlimited』がおすすめです。

名盤も数多く入っているので、活用するとかなり便利です。

アルバムもフルで聴くことができるので、僕もかなりヘビーユーザーです!気になった方は無料体験でお試ししてみましょう。
はっち

>>AmazonミュージックUnlimitedの無料体験はこちらから。

【保存版】おすすめのジャズアーティスト20選【初心者向けに聴き方も解説】

続きを見る

【初心者にこそ聴いてほしい!】おすすめのジャズシンガー34選

続きを見る

-LIFE

Copyright© 働き方フリーダム , 2021 All Rights Reserved.