LIFE

【ジャズ×ヒップホップが今熱い!】厳選アーティスト12選【知らないと損】

・ジャズヒップホップでおすすめの曲やアルバム、アーティストを知りたい。
・ジャズヒップホップが好きだけど、何から聴いていくといいんだろう。
・もっと色んな曲を聴いてジャズに詳しくなりたい。

そんな方に向けてこの記事を書いています。

本記事の内容

・「ジャズ」×「ヒップホップ」が今熱い!
・「ジャズ」×「ヒップホップ」のおすすめアーティスト12選
・「ジャズ」×「ヒップホップ」で音楽を楽しもう!

こんにちは!副業ミュージシャンのはっちです!
会社員として働きながら演奏活動も続けています。プレイヤー歴も早15年。
ジャズ大好きです!
はっち

最近だとJazzにHipHopの要素が入っていたり、HipHopにJazzの要素が入っていたり、
「ジャズ」×「ヒップホップ」が今熱いですよね!

この記事では、「ジャズ」×「ヒップホップ」が今熱い理由を解説しながらおすすめアーティストを紹介していきます。

現代のジャズシーンを語る上で、ヒップホップは欠かせません。
ぜひ気に入ったアーティストを見つけてくださいね!

レジェンドを始め、注目のアーティストばかりです。
気に入ったアーティストを見つけていきましょう!
はっち

音楽視聴について

本記事で紹介している音楽のほとんどは『AmazonミュージックUnlimited』の無料トライアルで無料視聴が可能です。1ヶ月間の無料トライアル中に退会すれば料金は一切かかりませんので、活用すると便利です。

>>AmazonミュージックUnlimitedの無料体験はこちらから。

>>実際に1年以上使ってみたレビュー記事も書いています。

「ジャズ」×「ヒップホップ」が今熱い!

なぜ、いま「ジャズ」×「ヒップホップ」が熱いのか。
今を活躍するアーティストを聴いていると3つの特徴がわかります。

3つの特徴

  • アーティストがジャンルレスに活躍
  • ジャズとヒップホップの親和性が高い
  • ジャズが文化として根付いている

ひとつずつ解説していきます。

アーティストがジャンルレスに活躍

現代のアーティストはどんどんジャンルをまたいで活躍をしています。

ジャズの編成で演奏をしていたと思ったら、
ヒップホップのバンドで演奏をしていたりと、垣根なく活動しているミュージシャンが本当に多いです。

例えば、Karriem Riggins(カリーム・リギンズ)はジャズドラマーのほかにもヒップホッププロデューサーとしても活躍。

他にもジャンルの垣根を越えて活躍しているアーティストはたくさんいます!
はっち

ジャズとヒップホップの親和性が高い

もうひとつの特徴としては、「ジャズ」と「ヒップホップ」の親和性が高いです。

ジャズの特徴といえば、「ソロ」や「スキャット」ですが、
ヒップホップの「ラップ」もとても似ている部分があります。

ラッパーのKendrick Lamar(ケンドリック・ラマー)も「The John Coltrane of Hip-Hop」=「(ヒップホップ界のジョン・コルトレーン)」とも言われたりしていますね。

ジャズが文化として根付いている

いまの世代のミュージシャンにはバックグラウンドとして、ジャズが根付いています。

マイルスやコルトレーン、ハービーといったジャズの巨人はもちろん、
小さいころからジャズを聴いてきたり、学校でジャズを習ったりと大きな影響を受けています。
そんな彼らが音楽を作れば、上に紹介した2つの特徴も必然的といえます。

もはやジャンルで分ける必要はなくて、二つの要素が交わるのが自然です。
はっち

「ジャズ」×「ヒップホップ」のおすすめアーティスト12選!

それでは、アーティスト紹介へ行きます!

聴いたことがある方も、ぜひお気に入りのアーティストを見つけてくださいね。

紹介内容について

  • アーティスト名
  • おすすめアルバム
No1:Miles Davis(マイルス・デイヴィス)

出典:https://www.amazon.co.jp

ジャズの帝王、マイルス・デイヴィス。
時代ごとにスタイルは大きく変貌していますが、晩年はHIP HOPの要素も入っています。

No2:Pharoah Sanders(ファラオ・サンダース)

出典:https://www.amazon.co.jp

コルトレーンの後継者ともいわれるファラオ・サンダース。
スピリチュアルジャズとして、有名。ヒップホップ界とのミュージシャンとの共演も多いです。

No3:Roy Hargrove(ロイ・ハーグローヴ)

出典:https://jazztimes.com/

ジャズとヒップホップの融合をいち早く取り入れ、開拓したトランペット奏者。
R&B/ヒップホップ系の“RHファクター”のアルバムは必聴!

No4:Robert Glasper(ロバート・グラスパー)

出典:https://www.amazon.co.jp

現代のジャズヒップホップ界の中心人物。
アルバム「Black Radio」では1曲ごとに豪華メンバーと共演。

No5:Common(コモン)

出典:https://www.amazon.co.jp

ラッパーで俳優。
ロバートグラスパー、カリームリギンスとのバンドも結成。

No6:Kendrick Lamar(ケンドリック・ラマー)

出典:https://www.amazon.co.jp

2015年発売のアルバム『To Pimp a Butterfly』
ロバートグラスパー、サンダーキャットなど豪華アーティストが名を連ねています。

No7:Karriem Riggins(カリーム・リギンス)

出典:https://www.amazon.co.jp

ジャズドラマーでヒップホッププロデュサーとしても活躍。
正当派なジャズドラムから、幅広く演奏しています。

No8:Kamasi Washington(カマシ・ワシントン)

出典:https://www.amazon.co.jp

現代LAジャズの注目プレイヤー。
来日公演も多く、熱狂的なファンは多いです!

No9:Chris "Daddy" Dave(クリス・デイヴ)

出典:https://www.amazon.co.jp

ジャズとヒップホップでドラマーといえば、この人。
ロバートグラスパーのドラムとして活動していましたが、最近では自身のバンドで活動。

No10:Flying Lotus(フライング・ロータス)

出典:https://www.amazon.co.jp

音楽プロデューサーでDJ。自身のレーベル『Brainfeeder』を主宰。

No11:Thundercat(サンダーキャット)

出典:https://www.amazon.co.jp

作曲家、ベーシスト。次世代の音楽として注目のアーティスト。

「ジャズ」×「ヒップホップ」で音楽を楽しもう!

「ジャズ」×「ヒップホップ」のアーティストを紹介しましたが、
もっとたくさん聴きたい!という方は『AmazonミュージックUnlimited』がおすすめ。

最近のアルバムも結構入ってるので、最新情報もチェックしやすくなります!気になった方は無料体験でお試ししてみましょう。
はっち

>>AmazonミュージックUnlimitedを無料体験はこちらから。

【保存版】おすすめのジャズアーティスト20選【初心者向けに聴き方も解説】

続きを見る

【初心者にこそ聴いてほしい!】おすすめのジャズシンガー34選

続きを見る

【ジャズトランペット】偉大な海外トランぺッター20選【まずはコレを聴け!】

続きを見る

-LIFE

Copyright© 働き方フリーダム , 2021 All Rights Reserved.